カンクン周辺の見所をサクッと周る。セノーテ・イキル他。

カンクンでカリブ海を満喫した後は、周辺の観光スポットを周る。
カンクン周辺には、古代マヤの遺跡や「セノーテ」と呼ばれる地底湖が無数にあり、それらを効率良くかつ安く周る日帰りツアーがバンバン催行されているが、二人ともツアー、と言うか団体行動が苦手なので、自力で非効率にかつ不経済的に周ることにした。

まずは、バヤドリドに移動。

バヤドリドに来た目的は「セノーテ・イキル」。

先ほども書いたがセノーテとは地底湖のことで、ここユカタン半島にだけ見られる特有のものらしく、その数は7000とも言われている。
そして、それぞれに「セノーテ〇〇」、「〇〇セノーテ」といった具合に名前が付いているわけだ。

ちなみに旅行者の間で有名なのは「グラン・セーノテ」「セノーテ・ドスオホス」の2つだが、今回は2つとも外すことにした。
と言うのも、セノーテは外観ももちろん綺麗なのだが、シュノーケルやダイビングをして、その桁外れな透明度を楽しむものものだと個人的には思っている。
で、はなから水に浸かる気はないので、水の外からでも素晴らしいともっぱら噂のセノーテ・イキルに行くことにした。

ただ、セノーテ・イキルの近くには「チチェン・イッツァ」というメキシコ随一の遺跡があり、そこと合わせてセノーテ・イキルを合わせたツアーが大変人気なので、お昼時は人で溢れかえってしまう。
そこで、閉園ギリギリの時間に向かった。

入り口。

時刻は16時半。
閉園まで残り30分。

チケットを購入して、早足で中へと進む。

溢れ出る市民プール感。

大量のライフジャケット。

そして、セノーテ・イキルは人で溢れかえっていた。

なんだろう。
ライフジャケットの色のせいか焦点をぼかして見ると、大量の錦鯉が泳いでるように見える不思議。
これはこれで美しい、と思わないとやってられない。

閉園の17時を過ぎても一向に人は減らない。
本当は下から見上げるような写真が撮りたかったが、なんか、気持ちが滅入ってしまったので、バヤドリドに戻った。

バヤドリドの街並み。

ここでメキシコに来て初タコスを食べたが、なぜかお腹を壊さなかった。

バヤドリドから海沿いのリゾート地「プラヤ・デルカルメン」に移動。
そのままフェリーでコルメル島に渡る。

プラヤ・デルカルメンのフェリーターミナル。

コスメル島もこれまたリゾート地。

色々な都合上、島には一泊しかできなかったので、原付を借りてサクッと島を一周した。

全く景色の変わらない道が10km以上も続くため、あまりの退屈さについウトウトしてしまい、道路脇の茂みに突っ込むというアクシデントがあったが、ほんの掠り傷で済み一安心。

コスメル島からプラヤ・デルカルメンに戻り、トゥルムへ。

トゥルムは何と言ってもカリブ海と遺跡の組み合わせが美しい。

だが、遺跡よりもその辺にうようよいるイグアナに魅せられてしまい、しばし目が離せない。

この後はカンクンに戻るはずだったが、コスメル島を一泊で出たとろで少し日程に余裕ができたので、バヤドリドに戻ることに。

そして、再びセノーテ・イキルへ。
今度は開園前に向かう。

9時から開園のところ8時半にチケットカウンターに行ったら、少し多く払うことで中に入れてくれた。

もちろん観光客は誰もいない。
興奮も抑えて、セノーテ・イキルへ。

朝8時40分。
念願のセノーテ・イキル。

これこれ。
これを見たかった。

9時半には観光客がちらほらやってきたので撤収。

無人のセノーテ・イキルを楽しみたい方、リミットは9時半までです。

翌日、カンクンに戻った。

ブログランキングに参加しています。
これをクリックするとポイントが入って
ランキングが上がる仕組みです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instagramやってます。よければ見に来てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク