【絶景】ウクライナ 愛のトンネルの行き方【2016年】

ウクライナにある愛のトンネルへに行ってきました。
行き方は調べればたくさん出できますが、一応最新情報として書こうと思います。
なお、今回はキエフからの行き方になります。
 
1.とりあえずヴァグザーリナ駅に行こう。


 
何はともあれ、まずは地下鉄でヴァグザーリナ駅に行きましょう。
全てはここから始まります。
 
キエフの地下鉄は、乗る前に窓口でプラスチックのコインのようなものを購入して、それを改札に入れて通ります。
 窓口はだいたい改札の近くにあるので、何も言わず4フリヴニャ(約16円)を渡すと何も言わずコインをくれます。
自分はこのスマートなやり取りが結構好きでした。
 
降りるときは特に何もしません。
すぐに地上へ出ましょう。
 
駅に着き外に出たら、後ろを振り返ってみてください。
おそらくこんな建物が見えるはずです。
 
DSC02794
 
見えない場合は、残念ですが振り出しに戻ります。
 
2、バスに乗ってリヴネに行こう。

 
キエフから250kmほど西にあるリヴネという街に移動します。
 
スクリーンショット 2016-07-29 8.43.18
 
愛のトンネルがあるのは、リヴネからさらに西に20kmのところにあるクレヴァンという街ですが、リヴネを拠点にして行くことが多いです。
 
ヴァグザーリナ駅を出てまっすぐ進むと、右側にキエフ中央駅が見えます。
写真でも撮りましょう。
 
DSC02798
 
そして左側にマクドナルドが見えます。
写真は、まあ撮りましょう。
 
DSC02797
 
マクドナルドの前を通り、緩やかな坂を下っていきます。
 
DSC02799 DSC02800
 
2,3分歩くと左側にこのような入り口があります。
 
DSC02803
 
この下がバスターミナルなので、階段を降りましょう。
 降りるとたくさんのバスが止まっています。
 
DSC02804
 
その辺の人に「リヴネ」と言えばどのバスか教えてくれます。
 なお「リブネ」よりも「リーブネ」と言った方が通じます。
 
ですが、聞き間違えられて変なところに連れて行かれたら大変なので、スペルを覚えておくのが無難です。
 
DSC02805
 
これがリヴネ行きのバス。
「PIBHE」と書きます。
「ピブヘ」と覚えましょう。
 
はっきりとはわかりませんが、バスは1時間に1本出ているようでした。
自分はバスターミナルに11時に着きましたが、11時半は満員と言われ12時半のバスに乗りました。
 
最終バスが何時かは不明です。
すみません。
それから始発が何時かも不明です。
重ねてすみません。
 
料金は160フリブニャ(約640円)です。
乗車前にドライバーに払います。
バスターミナルの周りにはスーパーやトイレがあるので、必要な人は行っておきましょう。
ちなみにトイレは3フリヴニャ(約12円)です。
紙も貰えます。
 
リヴネまでは約4時間、途中で1度休憩を挟みます。
今の季節は、道中ひまわり畑がとても綺麗でした。
他の季節はわかりません。
 
3.リヴネに着いたら、近郊バスターミナルへ移動しよう。

 
リヴネの街にはバスターミナルが2つあります。
長距離バスターミナルと近郊バスターミナルです。
 
キエフからのバスが着くのは長距離バスターミナルですが、前述したクレヴァン行きのバスは近郊バスターミナルから出ます。
なので、その間を移動しなくてはなりません。
近郊バスターミナルはリヴネ駅のすぐ近くにあるので、まずはリヴネ駅まで移動しましょう。
 スクリーンショット 2016-08-02 16.12.11
 
距離は2,3kmなので歩きでも行けますが、バスを使うことをお勧めします。
 
キエフからのバスを降りると、このような場所が見えるかと思います。
これはバスターミナルの前の大通りです。
赤紫の屋根を目印にしましょう。
 
DSC02831
 
 バス停で待っていると、様々な番号のバスが来ます。
そのうち32番か64番のバスに乗りましょう。
 
DSC02833
 
この2つのバスは乗り換えなしで、リヴネ駅まで行くことができます。
バスの乗り方はいたってシンプル。
乗るときは特に何もせず、降りるときにドライバーに3フリヴニャ(約12円)を渡します。以上。
リヴネ駅は終点なので、最後まで座っていましょう。
 
DSC02835
 
リヴネ駅です。
バスターミナルはここの真後ろです。
後ろを振り返りましょう。
 
DSC02836
 
たくさんバスが停まっているのが見えます。
行きましょう。
 
4.クレヴァンへ行こう。

 
近郊バスターミナルから、愛のトンネルがあるクレヴァンという街へ移動します。
 
スクリーンショット 2016-08-02 16.26.29
 
バスターミナルでクレヴァン行きのバスに乗ります。
クレヴァン行きのバスは1404番のバスで、4番ゲートから出発します。
 
DSC02837
 
リヴネの時と同様、スペルを覚えておきましょう。
クレヴァンは、「Клевань」と書きます。
覚えられません。
 
DSC02838
 
出発の5分くらい前になると、ドライバーが乗客に1人ずつ行き先を聞いて周るので、「Tunnel」もしくは「Tunnel of love」と言い、料金14フリヴニャ(約56円)を払いましょう。
 
愛のトンネルの最寄りのバス停までは、およそ40分です。
前もって、ドライバーに着いたら教えてくれるように頼んでおくと安心です。
自分はこの時、バスの中で眠ってしまいましたが、後ろの客が肩を叩いて起こしてくれました。
 
5.愛のトンネルへ行こう。

 
バスを降りるとこのような建物が見えると思います。
この中で飲み物が買えるので、必要なら買っておきましょう。
また、トイレはこの近くに小さなカフェがあるので、そこを借りることができます。
 
DSC02839
 
準備ができたらいよいよ愛のトンネルへ行きましょう。
まず、バスで来た道を50mほど戻ります。
 
するとこんな標識があるので、そこ曲がりましょう。
 
DSC02841
 
愛のトンネルまでは1.3km。
ひたすら一本道です。
 
もし道がわからなくなっても、地元の人に「トンネル!トンネル!」と言えば教えてくれます。
と言うより、こちらから聞かなくても辺りをキョロキョロしていたら、「トンネルはあっちだよ」と教えてくれました。
 
クレヴァンは田舎の町という感じで、自分はとても好きです。
せっかくなので、愛のトンネルに行く前に少しふらついてみるのも良いかもしれません。
 
DSC02847
 
DSC02849
DSC02875 DSC02873
DSC02881
 
この踏切を越えたら、もう目と鼻の先です。
 
DSC02850 DSC02851
 
着きました。
あとは、思いのままに愛のトンネルを満喫しましょう。
 
DSC02852
 
と、まあざっくりと行き方を説明してみました。
わかりにくいところが多々あるかと思いますが、これから行かれる方に少しでも参考になれば幸いです。
 
それで素敵な風景が見れますように。
DSC02859
 
※注意
1.この情報は2016年7月のものです。バスの時刻、料金などは変更される可能性があります。
 
2.キエフから日帰りで行くことも可能ですが、あまりお勧めしません。おそらく相当ハードな1日なることが予想されます。リヴネで1泊されると良いと思います。自分はなぜか3泊しました。
 
3.夏の季節は、トンネル内に蚊が大量発生しています。虫対策をお忘れなく。さもなければ相当量の血を抜かれることは必至です。
 
4.老婆心ながら言わせていただくと、ここは読んで字のごとく「愛」のトンネルです。2人もしくはグループで行った方が精神衛生上良いかと思われます。が、自分は1人で突撃しました。

ブログランキングに参加しています。
これをクリックするとポイントが入って
ランキングが上がる仕組みです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instagramやってます。よければ見に来てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. たんぽぽみゆ より:

    じゅんさん(*^^*)お疲れさまです

    ウクライナ、とても美しい町並みなのですね(*^^*)
    バスも、ラッピングバスかな?
    可愛らしい(*´˘`*)♡

    愛のトンネルの前にじゅんさんが寄られた、公園の様な場所の、
    タイヤが並べてあるお写真…懐かしい気
    持ちになりました。
    蚊にたくさん刺されてしまったとのこと、痒くて大変でしたね(>_<。)
    早く痒いのがなくなりますように…

    お身体にお気をつけて…
    じゅんさんの素敵な旅行記を、心より楽しみにしています(*^^*)

    • じゅん より:

      みゆさん、こんばんは!
      いつもコメントありがとうございます(^ ^)
      ウクライナは特に観光はしていないのですが、町歩きをしているだけで本当に楽しかったです。
      バスも色んな柄があって面白かったです!

      自分もあの公園を見ていたら、なんとなく懐かしい気持ちになりました。
      初めて見るのに懐かしく感じる写真を撮りたいなと思ってます。
      ありがとうございます。
      また更新が空くかもしれませんが、見に来てください(^O^)/

  2. ななみ より:

    愛のトンネルで検索していてたどり着きました。
    キエフから行く予定なので、大変わかりやすく、早速
    プリントアウトしました。
    呑気にキエフから日帰りで行こう!!なんて考えていたのですが
    アドバイスどおり、リヴネで一泊する事にしました。
    本当綺麗ですね。じゅんさんのように天気に恵まれるのを願う
    ばかりです。

    お伺いしたい事があるのですが、
    愛のトンネルから、リヴネまでのバス停は
    時刻表などあり分かりやすいでしょうか?
    かなり田舎のようなので心配です。
    教えていただけると助かります・・

    • じゅん より:

      ななみさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      確か愛のトンネル付近のバス停には時刻表のようなものは無かった気がします。
      だいぶ前のことなので、記憶が曖昧で申し訳ありません。。

      自分が行った時は、バス停で待っていたらちょうどリヴネ行きのバスが来たので、それに乗ったという感じでした。
      時刻は16時頃だったと思います。
      あまり遅くなるとバスがなくなる恐れがありますので、日が沈む前には帰ってくるのが安心かと思います。

      なんとも曖昧ですみません。。。

      他にわからないことがあれば、何でも聞いてください。

      • ななみ より:

        曖昧だなんて、とんでもない!!初歩すぎる質問に返信してくださり
        助かります!!
        私のような者は現地のツアーで行くのが賢明なのでしょうが
        旅の達成感が違うので、何とか自力で行きたいのです・・

        写真をたくさん載せてくださっているので、夢がかないそうです。

        ちなみにトンネルからリヴネまでの
        帰りのバス停は、帰り専用(反対の道側)のバス停があるのでしょうか?
        何度も申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

        • じゅん より:

          ツアーではなく自力で行った方が達成感を味わえますよね(^-^)
          自分も出来るだけ自力で行くタイプなので、そのお気持ちとても良くわかります。

          帰りのバス停ですが、道の反対側に小さな小屋のようなものがあり、そこがバス停になっていたと思います。
          ただ、そこに来るのが全てリヴネ行きのバスかどうかわちょっと分かりません。。
          すいません。。

          自分の時はたまたま1台目がリヴネ行きだったのでそれに乗りましたが、必ずドライバーに確認をお願いします。

          知らない土地で不安だと思いますが、頑張って下さい。
          夢が叶うことを願っています(^-^)

  3. ななみ より:

    旅慣れた方に、おバカな質問をしているにもかかわらず返信いただいて
    本当ありがとうございます。
    リヴネ⇔クレバンが私にとっては難関だったので、本当助かりました!!
    ドライバーには紙に書いて連呼して頑張ります。
    最後にお優しい言葉までいただき感謝しています。じゅんさんのおかげで
    きっと夢が叶うと思います。

    世界一周、うらやましいです。若いうちに知らない世界を見て色々な経験を
    する事は本当良い事ですね。どんな困難にも立ち向かう、その思考には
    敬意を感じます。くれぐれも体調に気をつけて旅をつづけ、このブログに
    残していってくださいね。
    またちょくちょくブログをのぞきにきますね!!
    愛のトンネルの貴重な情報本当ありがとうございました。