美しきバリ島のライステラス。

朝6時。
ニワトリ、その他の鳴き声で目を覚ます。
この宿にはエアコンがない。
蒸し暑い中で眠れるか不安だったが、明け方はむしろ涼しく、良く眠れたようだ。

DSC00727 DSC00724
何とも島の風景。癒される。

この日は車をチャーターし、ウブドの近郊を観光した。
まず「ジャティルイの棚田」。
ウブドから北へ2時間ほど、車を走らせたところにある。

途中の道路は、ところどころアスファルトが剥がれていて、そこを通るたび激しく車が揺れる。
道の両端は木々が生い茂っており、これは何かアトラクションのようだ。

やがて視界が開けると、鮮やかな緑の棚田が見えた。
DSC00751
ここから車を降りて散歩する。

DSC00799
大きすぎる。

地元千葉にも「大山千枚田」という綺麗な棚田がある。
美しさを比べるのは難しいが、規模はこちらが桁違いに大きい。

DSC00750
いやー、大きい。

棚田を後に、次に向かったのは「タナロット寺院」。
海に浮かぶ岩の上に建てられた寺院で、夕焼けを背にとても幻想的な景色が見られるらしい。

とにかく夕焼けが綺麗だということを、耳にタコができるくらい聞いていた。
そのため寺院はほとんど見ずに、沈みゆく夕日ばかり眺めてしまった。

が、その日は何故か狙いすましたように、夕日の前にだけ雲があった。
結果、見れたのは「最高のサンセット」ではなく「なんとなく赤い雲」。
夕日に集中しすぎたせいで、寺院の写真を撮り忘れてしまった。

こうしてウブドの観光は終わった。

観光とは関係ないがウブドにいて思ったのが、バイクと犬がやたらと多い。

「あれ、前の車、暴走族に絡まれてるんじゃなの?」と、頻繁に思うくらいバイクが多い。
反対に自転車はかなり少ない。
2日間いてすれ違った自転車は、5,6人のサイクリング集団とヨレヨレのシャツを着たおじさんだけだ。

一方、犬はというと、通りを歩いていると本当によくすれ違う。
小さな子供より犬とすれ違った数の方が、おそらく多いと思う。

自分の泊まっている宿は、路地裏のさらに路地裏みたいなとこにある。
そのため夜に繁華街へ行くには、街灯のない真っ暗な道を200mほど歩かなければならない。

そのわずか200mほどの道に、最低4匹はいる。
そのうち2匹は何も言わずにすれ違うのだが、それ以外の奴らがやたら吠えて絡んできて怖い。
今、こうしてブログを書いている時も、隣には犬がいる。IMG_20160405_171910

ブログランキングに参加しています。
これをクリックするとポイントが入って
ランキングが上がる仕組みです。
 ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instagramやってます。よければ見に来てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク